相手をコートに追い出す、また追い出された場面の練習方法【テニス戦術ドリル】

テニス

こんにちは。杉山です。

今日は相手をコートに追い出すため、また追い出された場面の戦術的ドリルについて紹介と解説をしていきます。

相手が粘ってプレーしてくるような相手に対してこの戦術を使えるようにしておくとめちゃくちゃ有利になっていきます。

また、ダブルスなんかでも使えるようになるのでシングルの戦術的に行うドリルですが、ぜひチャレンジして身につけていただければと思います。

ではいってみましょう。

外に追い出す戦術を使う効果やメリット

外に追い出す戦術を使う効果やメリットを挙げてみますね。

  • 相手を動かしバランスを崩す事ができる
  • オープンコートができるので次のショットがさらに有効になる
  • 次のショットが概ね決まるからミスが少なくできる
  • 斜めの動きを使わせることでミスしやすい状況になる

外に追い出すショットでエースという考えではなく、次のショットでポイントを仕留めるというイメージになりますが、特に相手が下がってストロークをメインでプレーをしてくるようなプレーヤーに対してはかなり有効な戦術になると思います。

またネットに出ながら相手を外に追い出す事ができれば相当強力な武器が出来るでしょう。

外に追い出す戦術を使うデメリット

外に追い出す戦術を使うデメリットは

打ったボールが甘くなったら1発でやられるってことですね。

ここでいう甘くなったらというと、例えばボールが弾むようなボールになるとやられる可能性があります。

だからこそ、弾むボールというよりはスピンで威力があるショットで外に追い出すのか?低く打ち追い出すのか?という2パターンがまず考えられます。

スピンで打つのであればある程度、回転量をあげていかないとチャンスボールになってしまいますよね。

相手がカウンターが得意な選手であれば、あまり効果が薄い気がします。

また、外に追い出すということでサイドライン付近を狙わなければいけないのでサイドアウトのミスが多くなる可能性もあります。

ミスを少なくする方法としては、

自分が打つポジションが真ん中から外に追い出すショットを使わず、ある程度サイドライン付近に近いポジションで打つときに打ったほうがミスする確率は低くなるので、その判断力というのも求められます。

相手をコートに追い出す、また追い出された場面の練習方法

では相手をコートに追い出す、また追い出された場面の練習方法について書いていきます。

まずは場面をしっかりと理解して練習を行うことをお勧めします。

動画作成中なので少々お待ちください。

ドリル-1

  1. コーチはショートボールを出す。
  2. P-A は、アングルショットを打つ。P-B はアングルをクロスへ返す。
  3. P-Aはそれをダウンザラインへ打つ。
  4. その後、ふたりは自由にポイントを終わらせる。

ドリル-2

  1. コーチはショートボールを出す。
  2. P-A はショートクロスコートを打つ。
  3. P-B はそれをダウンザラインへ打つ。
  4. その後、ふたりは自由にポイントを終わらせる。

ドリル-3

  1. コーチは普通のボールを出す。
  2. それぞれがアングルを仕掛けてよい。
  3. ダウンザラインも自由。(ダウンザラインを打った後にネットを取るパターンもやることができる)

相手に外に追い出す方法の注意点

相手を外に追い出す方法は、

スピンでも、スライスでもどちらでもいいです。

また、形にこだわらなく自分が今の技術の中で打てる方法を模索してもらえればいいと思います。

一番良くないのは、打ち方やフォームに固執すること。

アングルショットに強烈なスピンをかけなきゃいけないって思わない事です。

強烈なスピンが打てないで悩んでしまうと先に進めませんし、ある程度のスイングスピードの能力を身につけなければいけません。

段階で覚えて行けばいいので焦らなくていいですよ。

そんなことをしなくても、今のあなたの技術レベルでもできる方法を練習で模索して身につけていくというのがこのドリルの意図でもあります。

まとめ

今日は、相手をコートに追い出す、また追い出された場面の練習方法として記事に書いてきましたが、案外打てないからやらない!っていう方が多くいます。

それだといつになっても上手くなりません。

しっかりとイメージをしつつ、練習あるのみです。ぜひトライしてみてください。

では今日はここまでです。Have a nice day !!

コメント

タイトルとURLをコピーしました