回り込みのフォアハンドを使う戦術の効果やメリットデメリット

テニス

どうも、杉山です。

今日は現在のテニス界の中では普通になりました、回り込みのフォアハンドを使う戦術の練習方法について解説していきます。

回り込みのフォアハンドはジュニア選手にはマストな技術といってもいいでしょう。

またテニス上級者になりたいと思っている方には必要な練習ではあると思った方がいいです。

おそらく、この記事を探し当てた方の多くはバックハンドに悩みがあったり、

もっとフォアハンドを使っていきたいと考えている方が多いんじゃないかなと思います。

もし回り込みのフォアハンドを使わなくても、知っておくだけでも相手が回り込みのフォアハンドをしようしてきたときの対策が立てられるようになるので、ぜひ、この記事を読んで練習に取り組んでいただけたらと思います。

ではいってみましょう。

回り込みのフォアハンドを使う効果やメリット

フォアハンドで回り込む効果やメリットは、特にフォアハンドが得意になってくると、スピードも回転などの威力も絶対的にバックハンドより強くなります。そうすることで、エースを量産できるようになったり、本当にたくさんあります。

自分が考えるメリットは以下の2つかな

  • 高い打点で打てる
  • 相手にプレッシャーを与えることができる

高い打点で打てることで色々な効果が出てきます。

高い打点で打つことで、自分の打てる範囲が広がるので相手にとっての守備をする範囲が広がります。さらにラットショットと言われる外に逃げるようなショットも可能になるため、本当に自分の体勢が余裕ができた場合の一撃必殺ショットとして可能になってきますね。

バックハンドで打とうとするとどうしても力が抜けるような高さも、回り込みのフォアハンドでは高い打点での打ち込みが可能になっていきます。そうすることで、相手を動かすこともできます。

また、エースを取れるようになってくると相手にとってかなりプレッシャーになります。それは、次やられないようにバックハンドに撃たなきゃ!って考えたり、オープンスペースを無理に打とうとしてサイドアウトしたりするからですね。

回り込みのフォアハンドを撃たれる側のこのプレッシャーはなかなかきついですよ!(自分自身、このプレーをされたときは結構嫌でした)

回り込みのフォアハンドを使うデメリットやリスク

回り込みフォアのデメリットは以下の4つです。

  • 早い判断や動きが早くないとボールへ入る事ができない
  • 体力の消耗が激しい
  • フォアハンドのショットが強くないといけない
  • 打った後デュースサイド側がオープンコートになる(左利きはアドサイド)

まあ、想像通りかもしれませんが、

早い判断や動きが早くないといけませんし、動き続ける体力がないと、回り込むことにいっぱいいっぱいで打つ意味がなくなります。

ただ、うまくポイントにつながらないからといって体勢が悪い状態で無理矢理のエースのような一撃を狙ったところで、ミスするリスクが高すぎますからね。

こう考えると、ポイントを積み重ねていく競技のテニスでは不向きです。

バックが強い選手もいますし、左利きの選手に対しては、逆クロスに強いショットを打ったとしても、簡単にダウン座ラインにに切り替えしてきます。

回り込みフォアは攻撃力や選択肢の幅を広げてくれるのは間違いなしですが、デメリットやリスクがあることもしっかり認識しておきましょう。

回り込みのフォアハンドを成功させるポイント

回り込みのフォアハンドを成功させるポイントは以下の通りです。

  • 回り込みの動きを早くする
  • 回り込むための予測を良くする
  • 回り込もうとするショットの前のショットを考える
  • 回り込みをするときの勇気を持つ

特に私が一番重要だと思っているポイントは、デメリットを補うための

チャレンジする勇気を持ちあわせることですね。

回り込みフォアが失敗したら、オープンコートがいっぱいできて簡単に撃たれてしまってエースになっちゃうじゃないか!って思いますよね。

いっておきます。最初から得意な人はいません。

回り込みが得意な人に聞いてみるといいでしょう。

おそらくほとんどの人は、バックハンドが打てないから無理矢理打った!っていうと思います。

それだけ、逆に追い込まれた状況だったから失敗しても、打ち続けて、できるようになったんだと思います。

僕自身もそうだったんですが、バックハンドが得意だったので回り込む意味を見出せなかったんです。バックハンドを使った方が、ミスしないし、全然ポイントにつながることが多かったですし。

ただ、回り込むフォアハンドを覚えることによってバックハンドが生きてくる!!また、長い試合を通して作戦や戦術を変えられる!っていうのをプレーを通して気づけたので、フォアハンドを使用する事が多くなりました。

ぜひ、『勇気』を持ってプレーしてみてください。

回り込みのフォアハンドを使う練習方法

まずは戦術的なゴールとして、アドサイドでの回り込みフォアハンドの使い方を覚えていきます。

ドリル-1

一番オーソドックスな練習方法です。

  1. コーチはアドサイドにボールを出す。
  2. プレーヤーAは回り込んでフォアハンドの逆クロスを打つ。
  3. プレーヤーBはそれをバックハンドでクロスへ返す。
  4. その後ふたりは自由にポイントを終わらせる。

ドリル-2

この練習はある程度ラリーができる選手同士でないとうまくいきませんが、ラリーのスピードを半分ぐらいで最初行うと、回り込むときの予測や判断力、そしてショットの動きなどを身につける事ができるので、しっかりと理解してお互いがこのドリルに取り組んでいただきたいと思います。

  1. バックハンドのラリーからプレーヤーA だけがフォアハンドの回り込みを使ってよい。

ドリル-3

  1. バックハンドのラリーからフォアハンドの回り込みでダウンザラインへすぐに展開する
  2. その後はフリーポイント

ドリル-4

最後は締めの練習ですが、意識して回り込みのフォアハンドを使うようにするのと、使われないようにすることを考えてプレーしてみるといいと思います。

  1. お互いでの攻防

まとめ

今日は、回り込みのフォアハンドについて書いてきましたが、大切なのでもう一度言います。

成功するためのポイントは『勇気』です。

これに関しては、テニスのレベルアップの話にもなってきますが、変化を怖がってはいけません。自分がレベルアップしたければやること!すなわち、変化することです。

まあ、こういったもののも自分もすごく変化を怖がるタイプの人間ですが、やっぱり楽しくしたいと思うので自分もこうやって発信をやめずに頑張っています。

ぜひ一緒に頑張ってやっていきましょう!では今日はこの辺で。

Have a nice day!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました