良くある間違い!サーブのトス編

テニス

こんにちは。今日は良くある間違いのサーブのトスについて書いておきたいと思います。

サーブで悩みが多い方は本当にたくさんいると思いますが、

特に、僕が感じているサーブの良くある間違いであるトスについて

について解説していきたいと思います。

これを知ることで、サーブの意識が変わることを願っています。

ではいってみましょう。

良くある間違い:サーブのトスは高くすればいい

トスは高くすれば、サーブが早くなるって思っている方はかなりいて、なんでそんなにあげるの?っていうぐらい高くあげている人もいます。

このトスを高くすればいいと思っている方はおそらくサーブのイメージがそうさせていると思いますが、トッププロでもそんな高くはありません。

トスを高くするとダメな理由は、打つときのタイミング、バランスリズムが狂う可能性があり、

そうするとパワーが伝わらないので結果的にスピードが出なくなります。

なぜトスを高くすればするほど、打ちにくくなるかというと。

トスが高くするとボールが落ちてくる速度が速くなるため、

ボールを打つときのタイミングがズレやすくなるからです。

また、トスをあげてボールが落ちてくるのを待っている間に体がバランスを崩してしまっている状態になりスピードが上がりません。

体の状態をキープしておかないといけないのですが、

一般の方はそんな体が強いわけではありませんので結構厳しい状態になりますよね。

サーブを良くしたい時の簡単なポイント

サーブを解説すると全然ここでは収まりきれないのでここでは簡単なポイントをまとめておきます。

サーブだけではありませんが運動連鎖のリズム・バランス・タイミングを意識することがすごく重要です。

ボールのスピードを出すときに筋肉のパワーで打とうとするのが間違っていて、

筋肉の力みがごく一部に入ってくるとリズムが狂います。→多くの人が肩や腕だけに力を入れようとします

例えば、野球のバットなどの重いものをスイングしてみましょう。※スイングの練習をするときは体を痛めてしまう可能性もあるので十分に注意してください。

力任せにスイングをすると全然スイングする事ができません。

どうすればいいのか?というと、運動連鎖を良くしてスイングをしていきます。

運動連鎖は、リズム・バランス・タイミングの調整ができると、スムーズに何回もスイングできますよ。

また、パワーをすごく使うわけではなく、一瞬の力の入れ抜きの加減で楽にスイングができるようになるんです。

トスの高さはこのスイングのスピードに合わせるぐらいの高さって考えると、

最適な高さもイメージできるようになってくるかなと思います。

最適なトスの挙げ方の方法と練習

最適なトスのあげる高さのイメージは、打つ高さにラケットをセットしてその30cm上にあげるだけでいいです。

そして、スイングするリズムはあなたが歩くリズムの右足と左足が着地するリズムです。

いったら1秒もかかっていないですよ。おそらく0.5秒ぐらい。

そんな短くていいの?って思うかもしれませんが、まずは取り入れて行ってみてください。

単純に高くあげるとバランスが崩れてしまうから、その逆の低くしてみましょう。という事です。

トスを低くあげようが打つべきところにトスをあげるだけなので

最適なトスの上げ方の練習ですが、ウォーキングヒットという方法があります。

歩くリズムでボールを打つ練習ですね。

1・2・3・4のリズムの中で3でトスアップ、4でヒットします。

最初の1歩目は右利きであれば右足からスタートです。左利きは左足。

最初は素振りで練習してからの方がいいのと、できるようになってきたら、連続で打てるようにしていくといいです。

まとめ

今回はサーブの良くある間違いというテーマで記事にしていきましたがいかがでしたでしょうか?

運動連鎖、リズム・タイミング・バランスなどテニスワードが出てきたかと思います。

もし、わからないワードがあれば自分自身で調べて行っていただければ、必ず自分の血となり肉となり、必ずあなたの役に立ってくれるはずです。

このサイトでも詳しく書いいきますのでぜひ読んで頂ければなと思います。

では、今日はここまでにします。Have a nice day!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました